ネクスト パーセント。 価格は3万、寿命は400km!コスパ最悪のヴェイパーフライ ネクスト% はどう使う?

フワッと柔らかい、優しい履き心地ではない 私は普段26cmで、画像のシューズも26cmですが特にサイズに違和感は感じませんでした
「(ナイキ)」は、リオ五輪男子マラソン金メダリスト、エリウド・キプチョゲ選手が昨年フルマラソンで非公式ながらマークした2時間切りの偉業達成時に試作品として着用していた「ナイキ エア ズーム アルファフライネクスト%」の製品モデルを2020年夏にも発売すると発表した 朝ごはん食べて飲んだ薬が効いてジョグでもいけそうだと思い、あとはシューズにも助けてもらおうと、最終的に選びました
タイムはあまり良くないのですが、数値的に特筆すべきは、身長ぐらいで安定したストライドの良さ、GCT(接地時間)、パワーとLSSは安定した高さでした そのあたりも考慮して、2シーズンくらいは使うことを想定すると、1シーズンの中でもベスト記録を狙えそうなレースに絞って使用する、という使い方が良さそうかなと思います
また、我々一般ランナーの使用に関しても、「市民ランナーの方であれば、このシューズで十分レースにも使えそうです この現象が、テンポネクスト%では、毎回起きています
中村匠吾選手: アルファフライは、NEXT%に比べてさらにロードで走りやすいシューズだと感じました あくまでもレースモデルと同じような履き心地だ
29

なので、ぱっと見はズームフライ フライニットと同じく、靴下のように直接フィットするかに見えますが、実際に履いてみると直接触れて靴擦れするといった心配は無さそうです。

「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」 中学時代から陸上競技に取り組み、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が、注目のシューズをトライアル! 今回はナイキの「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」(税込み33,000円)を紹介する。

このあたりは自分のような市民ランナーにはうれしいところだ。

そしてストライドの全ての局面で安定感のある体重移動をサポート。

それでいてこの仕組みが作れるのであれば、これからのイノベーションの方向にも影響を与えていきます。

見た目の美しさも、人気の秘密のようですね。

そして、それをうまく使いこなせるようにワークアウトなりでトレーニングしておくことがポイントです。

それが記録を破ることにもつながっていることはアスリートが結果で証明している通りです。

今まで体感したことのないバネ感で、速く走れている気分になれました。