非 効果 的 健康 管理 看護 計画。 脳梗塞患者の看護計画

4 傍にいて安心できるように声かけ、訴えを受容・傾聴する 根拠 恐怖心を軽減する。 疼痛や体力低下があると、喀痰の喀出がしにくい。 ・アルコールに逃避するようになった状況を自ら表現することが出来る。 根拠 幻覚、妄想や自閉症状により、拒食が観察される場合がある。 2 日常生活における行動の変化 根拠 不安・抑うつ状態により、睡眠障害、食事摂取量など日常生活上の行動に変化を生じる。 症状が慢性・固定化した場合でも、症状や能力に応じた職場復帰への試みが重要である。 そのために、自覚症状から患者が何を判断し健康管理(受診行動や内服管理など)したかを知る必要がある。 食べ物に毒を入れられるという被毒妄想では、拒食的になる場合が多い。 患者さんに病気の知識が充分ないときには、こちらの援助や指導を十分理解してもらうこともできず、病気の悪化予防をできず、病気の軽快を困難にすることがあります。
16 23
高齢者の場合、家庭での日常生活行動やの自立や、確実な、薬剤投与が困難となる場合がある コレステロールや飽和脂肪酸の多い食品・糖質の過剰摂取、野菜や果物の摂取不足は高血圧と関連する
・ 病状が理解できる または実施する 短期:感染予防の必要性を述べる OーP ・ブドウ糖代謝障害、最小血管障害、動脈硬化症、脱水、栄養障害、神経障害など感染防御機能の低下につながる状態の有無と程度を観察する ・全身の皮膚、口腔を観察する ・合併症に関する検査所見の観察 TーP ・足を必ず観察し白線、カンジダや胼胝、鶏眼などの発見時は医師に相談する ・口腔トラブルにより通常の硬さの食事を摂取できない場合は、食事形態を検討し必要であれば医師に歯科受診を依頼する ・糖尿病コントロール不良などにより倦怠感が強い場合は、全身の清潔を保てるよう介助する EーP ・糖尿病の易感染状態について日常生活の注意点を含めて説明する ・皮膚の観察方法を説明する ・発熱、下痢、嘔吐、食欲不振により食事ができない場合の対応について、栄養補給方法、インスリン注射を勝手に中止しないこと、受診の目的などわかりやすく説明する #6低血糖による意識障害により、転倒、外傷の危険がある 看護診断 身体損傷リスク状態 危険因子:生化学的障害(低血糖) 看護目標 長期:転倒により身体を損傷することなく入院生活を送る OーP ・低血糖症状の出現状況と程度を観察する TーP ・安全な環境を整備する ・低血糖症状出現時には血糖を測定し低血糖を確認する
また、早食いや咀嚼の不足は、肥満の原因となる また肥満の原因にもなるため、節酒を助言していく
アルコール依存症の看護過程、看護計画 OP、TP、EP のための必要な情報収集 観察項目 とアセスメント、主な看護計画と看護問題に対する成果目標達成の為の具体策例 本記事の内容• 食事、運動制限、内服を継続していく意義を患者が理解しているか、持続できるかを観察・評価していく # B心筋収縮性に関連した心拍出量減少 患者の目標 成果目標 ・十分な心拍出量を維持することが出来る #B に関する観察計画 OP 1 発症にいたるまでの経過 補足 心機能の評価と悪化要因を発見する
急激な血圧上昇時は、自覚症状を訴えることがある 恐ろしいという訴え
したがって疾患に対する患者の認識の程度を把握する みんながバラバラの認識でバラバラの看護をしていたら、治るものも治らないですから
8