特級 樹 霊。 呪術廻戦

一方で、後輩である虎杖と伏黒に対しては本人なりに先輩としての振る舞いを徹底している 既刊16巻+番外編1巻(下記0巻)
ここでは初回挑戦時の能力を記載する また、補助監督ではあるがそれなりの戦術や耐久力を持っている
伏黒と釘崎も、二年生のもとで特訓していた 木毬召喚 4つの木毬を生み出す
数十匹の群れで顕現される そして黒閃を狙って出せる術師は存在しない
「は……初詣に行きたい!」 「はぁ?」 葛藤の末彼の口から出たのは、特級術師同士の殺し合いの場にはあまりに不釣り合いな、幼稚な願望だった 過去編 この編では、 五条悟と 夏油傑の学生時代が描かれる
また、高専関係者でありながら、天元のことを呼び捨てにしている 呪具に付与された術式を使われる前に始末するのが最善だ
ふらつく奈々子を優しく抱きとめた 美咲の分析によれば、性的な絶頂は陽の気に属するエネルギーで、それを陰の気で構成された式神や霊体に注いで内側から爆発させて除霊する、というもの
準1級呪術師 特級術師の手にかかればこの程度の威力は容易く生み出せる
99

だが、もうすぐ最強がここに来る。

嫉妬深く、晴久に女性が近づくと不機嫌になるが、そんな自分を恥じている。

そして両者とも圧勝し、一連の事件は幕を閉じる。

「天与呪縛」の持ち主で、生まれながらにして右腕と膝からの下の肉体と腰から下の感覚がなく、肌は月明かりでも焼かれるほどもろく、常に全身の毛穴から針を刺されたような痛みがある。

ならば、私から言うべきはただ一つ。

4まで連載されていた『 』をプロトタイプ兼正式な前日譚としている。

戦いの中彼の必死の説得の末に改心し、虎杖に呪術高専の編入を勧められる。

端末はカバンごと破壊したはずだったが、複数個持ち歩いていたのか。