岩田 健太郎 医師。 岩田健太郎医師のGoTo批判は異常。旧日本軍のインパール作戦なみ〜するなら科学的態度で政策批判を

パッサーマン『ナラティブとエビデンスの間 括弧付きの、立ち現れる、条件次第の、文脈依存的な医療』メディカル・サイエンス・インターナショナル 2013• 『感染症は実在しない』インターナショナル新書 2020• 日本が目指すべきゴールはどこなのか。

ところで、インフルエンザの自然宿主は、豚と鳥と、コウモリとか。 『私には2人の娘がいますが、実はふたりともBCGは接種していません。 ですから、自分の主張に都合の良いデータだけつまみあげて、「ほれみろ、俺の言っていることは正しいだろが」と主張する輩が後を絶ちません。 今回の第一波に関して、「うまく乗り切った」と言っていいかは様々な意見があるでしょうが、 少なくとも「最悪の事態は免れた」と言ってもいいでしょう。 『ケニアのスラムで高血圧を治さない 類化性能と別化性能 Bahati Haina Dawa』克誠堂出版 2011• よくある話です。
62
『悪魔が来たりて感染症 その根拠でよいのか』 2007• 『ジェネシャリスト宣言』 中外医学社 2018• この時、岩田氏に反論する動画をアップロードした立中部病院医師の高山義浩氏とは、今年の2月にもツイッター上で東南アジアの氷の安全性を巡って議論に発展 前者は前後関係であり、後者は因果関係です
リチャード・ウォーカー『きみの体の中 きみの体はどうやって病気とたたかうのかな? 5月2日の『Mr. 例えば、彼が例示する結核のワクチン、BCGです 定期接種という仕組みもあるが、これもアピールしていないので、ワクチンに対する信用度、信頼度が他国と比べて非常に低い
すなわち、正しいリスク対峙ができていないのです つまりみんなの責任ということにもなると思うが、ここに欠けているのが科学性だ
マスク調達「日本は世界的奪い合いに負けている」• まとめです そしてこの様です
『目からウロコ! これは岩田氏の独断で行われたものであり、物議を醸し出した :たった5日で臨床の"質問力"が飛躍的に向上する、すごいレクチャー』金原出版 2018• 『感染症外来の帰還』豊浦麻記子共著 医学書院 2010• だから現場の責任問題につながらないように、それこそ人間関係みたいなことばかりに気を使って、本末転倒になっていたのではないか
近藤誠氏の「医者に殺されない・・・」という本に、2人とも反論本を書いている 麻疹ワクチンは1回接種するだけでは効果が不十分で、2回接種しなければなりません
20