赤紙 の 白雪 ネタバレ。 赤髪の白雪姫【第123話】ネタバレと考察・感想!温室の手がかり

ミツヒデは剣を奪われた時の事が頭にとどまったままでした。
応対に苦労する…とシュウは呟いた。 やってきた白雪はエイセツが疲労していることを見抜きます。 「ミツヒデ殿の言葉は、ずっと側でやってきた相棒へのもので、想いを懸けてくれている事へのものには聞こえないね。 オビはエイセツからの頼みで、ツルバの元に調査に行っています。 エイセツの嘘くさい笑顔に白雪はここには私とオビしかいませんと指摘します。 あと、オビが寝てる気配につられて、寝れたってのもある」 「えええ!」 オビは過剰に反応します。 交渉に一抹の不安を覚えながらも、旅立ちを迎えた一行は…? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 登録後すぐに600pt 600円分 が貰え、好きな漫画を読める• 名はヨヅミ・イリーズ、あなたもイリーズだ、カゲヤ・イリーズ…と言って皆で会話した内容を思い出します。 「だめだ…待って下さい。
72

「ずっと独り身でいる」と話すミツヒデにゼンは納得できない様子。

しかし、ひと月ほど前に初対面の貴婦人から誘いを受け、その時に貴婦人から同じ香りがしたのです。

白雪は「エイセツ様は口が達者なようだから口を出すだけにして香水のことは自分に任せ休んでくれ」と釘を刺していたみたいで、エイセツがオビに言うと笑っていました。

俺と同じでリエラ夫人と取引に来たのかと尋ねると、捕えようとされます。

セレグでの事ではっきりと知った。

好きな物・辛いもの、酒(酒場) 護衛になったきっかけは? ゼンの押しかけ従者から信頼関係を築きました。

もっと一緒にいたいが、時間もなく、見つかったらマズい。

34