花束 みたい な 恋 を した 別れる。 香ばしい映画レビュー『花束みたいな恋をした』は壮大な皮肉だったのでは…|天使|note

監督は「カルテット」で坂本裕二さんとタッグを組んだ土井裕泰さん 『ハナミズキ』(2010)、『映画 ビリギャル』(2015)、『罪の声』(2020)、など 多くのヒット作があります。

別れた後に「一回くらいは浮気したことあったでしょ」と聞く場面があるのですが、絹は意味ありげな表情を浮かべるのです。

『花束みたいな恋をした』がここまで多くの観客に支持された理由には、そんな近過去への無意識のノスタルジーもあるような気がしてならない。

店員として出演しているAwesome City ClubのPorinは、本当に以前ファミレスでバイトをしていたという(ジョナサンではなくてサイゼリヤとのこと)。

パンデミック同様、こちらも作中ではエピローグでさり気なく触れられているだけだが、2019年10月に東京を直撃した台風19号は「100年に1度」の豪雨で多摩川を氾濫させて、調布市内の一部住宅地にも浸水被害をもたらした。

偶然が重なって出会った運命の人に 「こんなに人を好きになったことはない」と感じた経験はありますか? 脚本家は「東京ラブストーリー」(1991)、「Mother」(2010)、「最高の離婚」(2013)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(2016)、「カルテット」(2017)などたくさんの人気ドラマを手がけてきた坂元裕二さん。

『花束みたいな恋をした』の映画をカップルで見ると別れる…という噂話です。

2 14