コンダクト リスク と は。 コンダクトリスク管理に関するサービス

ご承知のとおり「コンプライアンス」なる言葉が「法令遵守」を超えて、広く「企業が、社会からの要請に適切に対応すること」と訳されるようになりました それにより、コンダクトリスクに関するフォワードルッキングな管理態勢の構築につなげ、不正会計やデータ改ざん等のミスコンダクトの顕在化を防止する一助となります
保険監督者国際機構(IAIS)を始めとする規制当局は、多くの領域で対策に取り組んでいます コンダクトリスクは様々な捉え方が可能ですが、トーマツでは、企業や役職員による顧客・市場・環境・社会・株主・従業員に悪影響を与える行為により、企業の価値を毀損するリスクと定義しています
RAFの中で本来議論すべきなのは、こうした現実を踏まえながら、さまざまなステークホルダーの最大公約数的満足度を高めるために何をすべきか、ということになろう 当該コンダクト・リスクの管理手法等については、また東弁護士の上記ご論稿をご参照いただくとして(とてもわかりやすく解説されています)、私が上記ご論稿のなかで関心を持ちましたのは同氏によるデータ分析の結果です
そのため、コンダクト・リスクという概念が、社会規範等からの逸脱により、利用者保護や市場の公正・透明の確保に影響を及ぼし、金融機関自身にも信用毀損や財務的負担を生ぜしめるリスクという点に力点を置いて用いられることもある 企業行動規範や倫理指針を対外的に公表する、ということは経営者の明確なコミットメントがなければ実現しないわけで、この「行動規範の開示」こそ、現場社員の不正防止だけでなく、いわゆる「二次不祥事」の予防にも良い影響を及ぼすものではないかと思います (私が「なぜ行動規範の開示が良い影響を及ぼすと考えるのか」という点については、また別途エントリーで述べたいと思います)
そのあたりのネタの内容は、をご参考にしてください 特定の顧客サービス・モデルおよびマーケティング・モデルの刷新• 商品ガバナンス 商品をターゲット市場のニーズに確実に適合させるため、保険商品を開発する保険会社と仲介者は、各保険商品の承認に関するプロセスを維持、運用、およびレビューする必要があります
6
一方で逆も真である たとえ企業行動に「法令違反」が認められなくても、社長・会長が辞任しなければならないほど「企業の信用が低下する事態」が生じてしまう時代です
マスコミの宿命として、紙媒体なら紙面/電波なら放送時間の制限がありますが、コロナウィルス関連リスクと同様かそれ以上に、JAPANという国土では、リスク全般における「想像力」が求められて来た筈です たとえば、金融仲介では収益が上がらないということでコンサルティング・ビジネスを伸ばそうとすれば、当然ながら新しい人材が異なる価値観の下でビジネスを行うため、想定しなかったミスコンダクトが発生する可能性、つまりコンダクトリスクが高まる
両社とも「自社の行動こそ最終利用者の利益保護につながるのだ」という意見をもち、アップルは「個人情報保護方針」に沿った行動を、そしてFacebookは競合事業を優越的地位の濫用によって阻害している、つまり、アップルの独禁法違反行為を批判する行動(提訴の可能性もあり)をとっています この件では、金融機関を含む利用企業に対しても、個人情報保護委員会から行政指導が出されている
そうした際には、是非、我々にもお気軽にご相談いただければと思います 図表3は、それぞれの分野において、ステークホルダーの期待が満たされているか否かを、ステークホルダーの期待形成に影響を与える「外部環境の変化」と、「組織側の対応」を掛け合わせてチェックするものである
「不祥事は絶対に起こさない」というカルチャーでは、おそらく今後も「不都合な事実は隠す」という方向性を軌道修正できないと考えます 近年、日本企業におけるコンダクトリスクへの注目が高まっています
2
国、地方自治体の指導、監視をするのが行政機関だとして、経団連には会員企業への「企業行動憲章」履行指示、不正の通報受け入れ先として、ご尽力願いたく、「行政府の長」安倍総理、経済界の総理と言われる中西経団連会長に要請しています。 そこで、もともとあったコンプライアンスをより広く、包括的に捉え、対応することが求められる「コンダクトリスク」という新たなリスク概念が金融機関を中心とし、生まれました。 さらに、コンダクトリスク管理を行う上で参考となる影響の大きな事案を数件選択し、そのトピックについての資料提供と解説訪問を四半期に1回行います。 商品・サービスのライフサイクルによる品質管理や目標設定、インセンティブ・評価制度の見直しなどを行っている金融機関も多く見られる。 このコンダクトリスクに対応するために有効な対策として注目されているのが「デジタルフォレンジック」です。
89