落語 家 鯉 斗。 瀧川鯉斗

新鋭噺家として注目される瀧川鯉斗さんを形容する言葉はインパクトこそ強いが、実際のキャラクターはまだ謎めいている。

僕が役者志望だと知ると、『明日から来い』と言ってくれて。

出る杭は打たれるじゃないですけど、落語の世界は閉じたコミュニティでもあるのでささいな小言がすごくこたえるんですよね」 それでも落語はやめずに続けてこられた理由を、鯉斗さんはこのように言います。

出典: と瀧川鯉斗さん本人がコメントしています。

(2021年1月17日、フジテレビ)- ・と出演• koitotakigawa - この項目は、に関連した です。

めちゃめちゃあります。

師匠がやっていることをやっているんだなと思うと、本当に嬉しかったんですよね」 前座となって噺をするようになってからは、昔の仲間が聞きに来てくれることもあったそうです。

漫才とかでも周りの反応を見ながら喋ってるっていう芸人さん、いますよね。

暴走族時代、暴走する際に「けつまく」という最後尾を走る役で覆面パトカーに追いかけられていた鯉斗氏が、弟子入りし、最初に教わったのは、噺の技術とは関係のない「着付け」だった。

まずは音に集中して、疲れてきたらニュースを見て、リフレッシュしたらまた聞いて…。

でもなんせ落語を全く知らない状態だったので、『ひとまず落語を見て、それでもやりたければまた来なさい』と言われました。

13 50

2005年3月に楽屋入り、2009年4月に二ツ目昇進、2019年5月に真打昇進。

入ったとしても上まで上り詰めるのは「人望」と「腕前」がないといけません。

まさに『』の小虎、『』の与太郎、の『笑酔亭梅寿謎解噺』シリーズの梅寿を地でいく男であり、規格外の落語家である。

(2019年10月19日、) - 激レアさん(ゲスト)• 落語で真打というのは落語で一番のランク。

今でこそ自由にやらせてもらっていますが、前座だった頃は『前座なんだから坊主にしろ』『前座なんだから目立つことはするな』などいろいろ言われて。

19