西田 佐知子 東京 ブルース。 西田佐知子

実質的引退 [ ] の結婚後は仕事をセーブし、オリジナル作品のほか歌謡曲・演歌・ニューミュージックなどのカバー作品も発表し、レコーディング活動が中心となっていたが、新曲は発売の「テレビを見ている女」が最後となった 西田佐知子 城ケ島の雨(MR-3133:1970年9月1日) - SLJM-1022の再発売(曲順を変更)• 東京ブルース• コーヒー・ルンバ(西田佐知子ヒット曲集)(LPJ-64:1962年1月新譜)- 25cm・モノラル盤• 歌ったのは
帝国女子高等学校(現・) わたしを許して(MR-2223:1973年1月新譜)• (二木紘三) 歌にも一般的な賞味・消費期限があるのでしょうか
「BLOGパーツ」にて本作のCMバージョンの後半部分を聴くことができる 泪がいっぱい(DJ-1095:1960年10月20日)- B面は「ベラドンナ(青山牧子)」• 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し あなただけはと信じてたのに 愛していますこころから いまごろどうして アカシアの雨にうたれて あの人に逢ったらそっと言って 雨も夜風も私にだけはなんで 火と火を重ねりゃめらめらと 哀しいこともないのになぜか 酒をのもうと生きよと死のと 青い海を見つめて こんなに別れが苦しいものなら 気になる言葉のこさずに 雲の流れに心ひかれてなぜか あなた知ってるくれないホテル 恋など二度とするまいと 再びあなたとくちづけさえも 昔アラブの偉いお坊さんが サルビアの花の紅さは 好きなの好きなの死ぬほど 信じていたいあなたの言葉 つめたい舗道をそんなにも 汽笛の音が窓ごしに 恋をすれば東京の空は青い 泣いた女がバカなのか ひきとめはしないけど そよ風にのって雲が雲が空を 泣いてた泪のかれた私にも 初めての街でいつもの酒 ベッドで煙草を吸わないで 星を飾ったクラブのように話し 背のびして見る海峡を ちぎれたテープが波間にゆれる 雨の降る夜は心もぬれる 冷たくなったあなたの瞳 あんなやさしい男の心背いた 小雨ふる夜は何故か淋しくて. - 2009年10月14日閲覧
西田佐知子叙情曲を歌う(LPJ-143:1963年12月新譜)- 25cm・モノラル盤(全10曲、同タイトルのステレオ盤から2曲カットしたもの)• B面は「独立騎兵隊マーチ(ハニーナイツ)」• いつもの午後(MR-3070:1977年7月21日)• (2003年:UICZ-6041)• 愛ひとすじに(西田佐知子オリジナル・アルバム)(MR-2203:1971年12月新譜)• 累計売上はを記録した マーキュリー・レコード(SP盤)で、西田佐智子名義
シングル [ ] この節のが望まれています (1962年、)- 幸子役• 2020年9月30日閲覧
(2003年)• 投稿: yasushi 2019年11月26日 火 16時44分. 作詞:鹿島鳴秋/作曲:• (1994年)• (2005年)• のカバー 当時、西田佐知子には「アカシアの雨がやむとき」が持つ退廃的なイメージが強かったが、ポピュラー調である本楽曲の大ヒットにより「美人流行歌シンガー」としての地位が揺るぎないものになった、とので紹介されている
「」のヒット当時、本人はを飲む習慣がなく「(歌詞中の)って何?」といった調子だったのが、結婚後は夫の影響で飲むようになった、という 西田佐知子、恋を唄う(SMR-3036:1969年3月5日)- 唄とナレーション の初出を含む• 女性の失恋の哀しさ、切なさを謳った歌詞と、明るく美しい長調のメロディが一体となって醸し出す、歌の情景が心に響きます
28
(2009年)• (2007年)• さっちゃんと共に(MR-9002:1966年5月5日)- 30cm・モノラル盤 MR-9002(1)と(2)の2枚組• 島のかよい舟(H-15236:1956年11月15日)- B面曲で、A面は「利兵衛晴れ姿(藤島桓夫)」 無論、聞く人それぞれの賞味・消費期限はその人の心にある、と私は心に決めてはいますが
MR-9002の再発• 昼は太陽(DJ-1110:1961年1月20日)- B面は「僕の好きな娘(竹田公彦)」• 死ぬまで一緒に(DJ-1098:1960年9月3日臨発)- B面曲で、A面は「海の情事に賭けろ() エピソード [ ]• 女の意地 西田佐知子ベスト・ヒット・アルバム(MR-3162:1971年3月1日)• 西田佐知子 ベスト14(MR-3051:1977年2月21日)• 初めての街で(MR-3204:1979年12月新譜) ベスト・アルバム [ ]• 「」は時点でもので歌声が使用されている が、にはが歌うバージョンも使用された
- 映画『』同名主題歌のスマッシュヒット、続けて外国曲のカバー「」のメガヒットで一躍その名を知られるようになる 東京から来た便り(H-15267:1957年)- マーキュリー・レコード(SP盤)で、西田佐智子名義
ピンクレディ(日活映画「海から来た流れ者」挿入歌)(DJ-1065:1960年3月1日臨発)- B面曲で、A面は「わたしのばら(千草春美)」 - レコード売上1000万枚を突破の記念曲「たそがれの恋」発売
作詞:水木かおる、作曲:藤原秀行、唄:西田佐知子 1 泣いた女が バカなのか だました男が 悪いのか 褪 (あ)せたルージュの くちびる噛んで 夜霧の街で むせび哭 (な)く 恋のみれんの 東京ブルース 2 どうせ私を だますなら 死ぬまでだまして 欲しかった 赤いルビーの 指輪に秘めた あの日の夢も ガラス玉 割れて砕けた 東京ブルース 3 月に吠えよか 淋しさを どこへも捨て場の ない身には 暗い灯 (ほ)かげを さまよいながら 女が鳴らす 口笛は 恋の終わりの 東京ブルース 《蛇足》 昭和39年(1964) 1月に日本グラモフォンからレコード発売 現在はとなっている
(1993年:POCH-1288)• さよならをもう一度(DJ-1190:1961年11月1日)- 同名のユナイト映画より 西田佐智子の名で歌手デビュー
グラモフォン・レコード月報1963年8月号及び9月号• 星が泪を流してる(DJ-1076:1960年7月新譜)- B面曲で、A面は「雨に濡れたキッス(大関進)」• 西田は本楽曲で同年に放送された『』に出場(連続4回目)したが、この第15回紅白には本楽曲を含め、題名に「東京」とつく楽曲が計4曲登場している 西田佐知子、叙情曲を歌う Vol. 母孔雀の唄(H-15247:1956年12月15日)- 同名の東映映画主題歌
西田も結婚後の後半にモノラル時代の主要曲をアルバム用にステレオ再録音したが、現在はとなっている (2006年:EJS-5)• (2007年:UPCY-9137)• 西田佐知子 魅力のすべて(SMR-3055:1969年8月25日臨)• 伊那の恋唄(H-15221:1956年10月臨発)- B面曲で、A面は「勘太郎天龍唄(藤島桓夫)」
作詞: 、作曲・編曲:• マーキュリー・レコード(SP盤)で、西田佐智子名義 雨の夜曲(ノクターン)(西田佐知子ヒット・アルバム)(SLJM-1320:1966年12月5日)• これより西田佐知子名義
(2001年)• (1999年)• (MR-2241:1973年11月1日)• 略歴 [ ] 生まれ 前者は非売品の宣伝盤として一部に配布、後者はシングル盤としてに発売
50 78