ベース メイク 順番。 【完全版】ベースメイクはこれで完璧!順番から塗り方・おすすめ商品まで紹介します

\スポンジを使ってリキッドの潤いを均一に肌にのせる/ スポンジは厚めで弾力感のあるタイプを選んで。

【リキッドファンデーション】・・・液状のタイプでツヤ感のある仕上がりになります。

アイブロウが苦手な人にとっては、アイメイクの前に行うと、アイメイクとのバランスが取りにくくなってしまいます。

基礎化粧品で肌の状態を整えてから、メイクをしていきましょう。

【STEP3】 中間~眉山までぼかすように埋める2より少し明るい色で、太めのブラシを使って中間〜眉山をふんわり描きます。

いちばん最初においた部分が最も濃 く発色するので、目尻からが基本。

下地を手の甲に直径1. スキンケアで潤いを与えるのはもちろんですが、下地でも潤いをプラスすると日中の乾燥から肌を守ることができます」(ヘア&メイクアップアーティスト 河嶋 希さん) メイク前の乾燥肌。

「鼻部分」は上から下に向かって伸ばし、「小鼻周り」は叩き込むようにして塗ります。

ブラウンのリキッドアイライナーで、まつげのすぐ上にラインを引く。

絶妙な密度感と抜け感で、地眉そのもののような立体的な眉作りをかなえる。

上質なパウダーをセレクトして、必ずブラシに粉を均一に含ませてからまとうこと。 コントロールカラーの順番は化粧下地のあと、気になる範囲にのみ塗っていきましょう。 コントロールカラー くすみや赤ら顔など、化粧下地だけではカバーしきれない顔色の事情があるときは、コントロールカラーで顔色を整えます。 アイホールにはホワイト系のアイシャドウを入れ、ブラウン系のアイシャドウをシャドウラインにして縦幅を拡大。 気になる部分にのみ、重ねてあげてください。 頬の中心部だけに塗り、全体には広げない。 」と語るのはベースメイクの天才・ヘア&メイクアップアーティストの村松朋広さん。 2.ベースメイクの基本的な塗り方 2-1.ベースメイクの手順 [下準備] ベースメイクに入る前に、スキンケアで肌をしっかりと保湿しておくことで、肌を乾燥から守り、化粧のもちをよくすることができます。 ひと昔前は、隙のない完璧な肌が主流だったけれど、今はその人らしさが感じられる肌がいい。 パウダーを薄くなじませておくと清潔な透明感をキープできる。
93