コミックス 売上。 コミックスの「累計部数」は時代遅れの指標だ

ジャンルでさがす• 2020年はアニメ第3シリーズが始まったのも追い風になったのでしょう。

電子洋書• 日本出版販売株式会社(代表取締役社長:奥村 景二、略称:日販)が運営するWEBメディア「ほんのひきだし」は、2020年上半期(1月~6月)の「コミックス第1巻売上ランキング」を発表しました。

『私のマンガの単行本が全然売れてない。

今年公開され歴代北米興行収入3位となった『アベンジャーズ』や同じく今夏公開のヒット作品『スパイダーマン』、さらに『X-メン』『超人ハルク』『ファンタスティック・フォー』などの製作を積極的に行ったため、映画関連の収入やライセンス・玩具ビジネスの売り上げが大幅に伸びて復活は遂げたものの、コミック部門は伸び悩んだままなのである。

海外マガジン• 大名作も新作も関係なく、ガチコン勝負。

鳥山明先生の作品、もっと読みたかった!そして、吾峠呼世晴先生の作品ももっと読みたい! 今年No. 2020年は連載ペースが落ちて、新刊がいつもの半分の2冊しか出せませんでしたが、それでもしっかりと年間3位に入ってくる国民的実力。

36 55