コロナ 真実。 コロナウィルスの真実

最も多い月は1月になり、少ない月は6月。

ドクター・エリクソン• あなたはどうですか?. ましてや身体ができていない子供に打つなんて、とんでもない話です。

今回の感染症というのも免疫と病原体とのバランス、それがうまく保たれていればなんの心配もない。
さてこの動画で語られている事を 検証していこうと思います そのため 日本にも同時期、武漢ウイルスが入ってきていた可能性は捨てきれないのだ
1月20日 習近平が重要指示を出し、中国国内はパニックに陥る この公式サイトなどで「アーユルヴェーダによる免疫アップ処置法」「自宅でできるヨガ」「プラナーヤマ(呼吸法)」などを随時発信
それでもコロナワクチンを打ちますか? フランスのマクロン大統領は1月29日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同開発した新型コロナワクチンは、「65歳以上の人にはほとんど効果がないとみている」として、「いま正式に言えるのは、アストラゼネカに関してわれわれが得た初期結果では60~65歳の人にこのワクチンは推奨されないということだ」と発言しました そうやって、人々の思考をどこまでも「不安」「恐れ」に貶めて、政府のいう事に従うしかないのだ、と思考能力を停止させて、「がんじがらめ」にしています
そして、霊体の真実を知り学ぶことは、真に「賢く」生きることにつながります かなりエラーがでると思うんですね 今回のサンプルは本当に汚いサンプルでやっているので どんな配列が同位でつながるか?どんなものが出ているかわからない状態だと思いますよ それをまあ何とかつないだとなっているんですが これが本当に信用できますか?ということなんですね でーこの彼らの遺伝子をWHOがCovid19と名前をつけて、もう教科書みたいにしちゃったんですよ これが世界のスタンダードになっちゃったんですよ H: その遺伝子配列 O: えー 遺伝子配列 中国のグループが決めた遺伝子配列がです これ誰も検証していないんですよ実は H: え?! O: 正しいかどうかは? H: 普通検証しますよね? O: 検証しないんです
古谷氏は、あの「近代日本医学の父」こと北里柴三郎の子孫であり、かつてロックフェラー財団の日本支社に9年勤務した経験を持つ、医療の表にも裏にも通じた類稀な専門家だ 私自身はもううんざりしてます(笑) さて、そんななかNHKがこのようなニュースを出しています 若者のですね
ミネソタ州上院議員Scott Jensen氏によると医療保険メディケア加入者がコロナウィルスと診断された場合13000ドルが、またそのコロナ患者が呼吸器を使用した場合39000ドルの保険金が入る どうぞ、拡散にご協力ください. このデーターベースに登録するのは一定の要件を満たせば 誰でも登録できる H: あ、そうなんですか O: はい 誰でも登録できるんです H: へえ O: 審査もありません H: ああ、そうなんだ それじゃあ適当にでっちあげる O: うんでっちあげることも可能です ただ今までは それをでっちあげたところで まあデーターベースに載せましたという、そういう業績にはなるかもしれませんけど 通常ではデーターベースに載せただけでは、まあその研究業績としては認められないので データベースにペアとなったね 科学論文を出すというのが、まあ普通でしたよね H: まあそうでしょうね O: そういう趣旨でデーターベースが作られているので まあここに嘘の情報をだすということは普通はなかったんですね H: まあそういう善意を基に作られたデータベースっていうか あー O: 遺伝子情報に基づいてたんぱく質を役立てるということですから うその情報を載せて嘘のたんぱく質を作ったところで 意味ないんですよね ふつうは意味ない だけど今回のケースでよくわかったんですけれどね ここに嘘の情報を載せれば、病気が作れる H: あっそうか! ほんとのみんな、、ま病気だと思っちゃいますよね? O: つくることができると 断定はしませんよ ただそういうことが可能であると なぜかといいますと 私たちの体には まだきちっとわからないたんぱく質がいっぱいあるんです まあ遺伝子がいっぱいあると言ったらいいかな どういう遺伝子ですかっていうとね 主には遺伝子の種類でいうと 常在性のウィルスとか細菌とかね まあ常在するっていうのは H: いつもどっかにいるというか? O: 私たちの体の特に粘膜系、口から それから喉を通って、胃はあんまりいない けども H: 胃酸もありますものね O: 段々増えていくるんですね 小腸の下のほうになっていくと増えて大腸にいくと急にふえます そこには沢山の細菌がいます まあウィルスもいると そういうあの H: 腸内フローラって O: 腸内フローラ H: あれはいい意味で言っていますがね O: はいはいはい まあそういうほとんどの細菌は 実は培養もできないし、機能もよくわかっていないんですよ 今までは そこまで誰もそんなに研究しなかったっていうことなんですね ウィルスになると、その もっと手間もかかるので 分離もできない、されていない そんなものがごまんとあるというわけですよ H: あっ、そういえば風邪って、結局風邪を治すワクチンをつくれば ノーベル賞ものだって言われていますものね? 17:45 O: 風邪はね、風邪というのは総称なんですよ 色々な、そんなウィルス等々で風邪のような症状っていうことで 特定されていないから風邪っていっているんで その中で特にインフルエンザは病原体ウィルスが特定されているので インフルエンザと固有名詞がついていて H: インフルエンザっていうのは、もう、ある程度遺伝子とか解析されているんですか? O: 遺伝子はもうはっきりしていて、二つの型があるというか そういう型がはっきりしていてね だからワクチンもできていると まあ有効かどうかは別にしてね H: あーはい O: だけど他の風邪はいろんな そのウィルスが まあ、我々の粘膜系に侵入してね
東京都民は「ばい菌マン」扱いなのだが、小池百合子東京都知事や有識者も、「不要不急の他県への移動は控えろ」、と繰り返しお説教している 今後は、これまでマスコミが行っていた民衆扇動や洗脳などの役目をネットが行うのかどうか・・・そこに注目です
「自分が米国在住時に遭遇した2001年9月11日の米国同時多発テロのとき、あっという間に報道規制が敷かれました 「」のページを追加しました
世界中にスタンダードとして PCRでみろといったら、世界中の人が潜在的に持っていたら、この騒動が一瞬のうちに作れちゃうと なんの手間もかからないというレベルの話でしょう? っていう話ですね あとはマスコミを扇動していわゆるそのこの病気の対策に当たる各国の人たちを 何とかすればですね この騒動が世界中に広まって、これが定着しちゃうと、こういうことでしょう? まあ、可能性ですよ あくまでも可能性ですけれども 病原体を人工的にどうのこうのというのは持続性がないししょっちゅうばら撒く人が必要だし 飛行機で撒いたりすればばれちゃうんでしょ H: でも、結構彼らそういうのはうまいみたいで 空からばら撒いたりとか O: そんなことよりも単なる机の上で1時間でできる作業でできるんだったらね H: まあ、そっちのほうがね O: 簡単だしね 特に注目されている米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンは「90%以上の確率で効果が認められた」という研究結果も発表されている
新型コロナウイルス大流行の始まりとされる以前から、明らかに社会的混乱が起きていた 一方、さらに興味深いのは「緊急事態宣言を出せ」とか、「より厳しい自粛措置を求める」とか、かつて有名になった「(接触)8割削減」などはあまり議論にはならない
そうするとワクチンを長期間、変質させず保存させるためには強烈な防腐剤を入れる必要性が出てくることになり、その代表物質が水銀です。 ということはワクチンの主成分は、生物由来となります。 インフルエンザの検査では抗体キットを使い、発色で診断します。 科学は実証が基本で、データもないのに危険 と断定される事はないと大橋教授は語って います。 Contents• なぜここまで問題視されたのか。 そんな中、インド政府のコロナ対策が次々と実施されていった。 相変わらずメチャクチャだ。