産休 扶養 控除。 産休育休中は夫の扶養に入った方が良い?【結論:扶養に入るべき】

夫の勤め先に 「配偶者控除の対象になる」ことを伝えます。

では3種類のうちで産休・育休中に扶養対象になるのはどの制度なのでしょうか? 産休・育休中に扶養の対象になる制度 最も対象になる可能性が高いのが税金の扶養です。 産休・育休中も納税義務が発生します。 払いすぎた税金がないか気になる場合は税務署に確認しましょう。 税金の扶養よりはハードルが上がりますが、育休を1年以上を取る人であれば確認してみる価値があります。 休業に入る前は、一つずつ情報収集をし、引継、手続き等の期間も考慮し、妊娠の事実と産休、育休を取得したい旨を早めに会社につたえておきましょう。 2019年6月21日• その額は、ご家族の方が年収400万円ほどであれば約76,000円、年収800万円であれば約87,000円と決して小さな額ではありません。 産休という貴重な時間の過ごし方 いよいよ産休に入ってみると何をしていいかわからない方も多いようです。 職場復帰し、9月~12月まで「毎月25万円の給与」をもらった• 年末調整後に申請したい場合も、確定申告を行うことで配偶者控除を受けられます。
37
年末調整により配偶者控除が適用されると、後日受け取る 源泉徴収表の「控除対象配偶者の有無等」の欄に有(〇印)と記載されます 対して、普通徴収は、自分自身で各市町村へ収める方法となります
と言うか、 退職するまで夫の保険証の扶養には入れません また、夫婦が内縁関係である場合は該当せず、配偶者控除を受けるためには民法上の配偶者であることが必要です
勤務先への申請は期限が定められている場合もあるので早めに申請しておきましょう 110万円超115万円以下【 控除額4万円 】• 今まで妻が正社員として働いてきた場合、言葉自体は聞いたことがあっても制度の詳細までは知らないという方も多いのではないでしょうか
納税者の所得が高いほど配偶者控除の効果は高い 参考: (2)夫の扶養に入ることも検討 産休・育休を取ると、年間の給与額が普段より少なくなりますので、収入が減った年(産休・育休中)の年末調整の際に、税金の面において夫の扶養に入ることもできます
せっかくの節税のチャンス、使わない手はない ・職場復帰後をイメージして今までのキャリアの棚卸しとこれからのキャリアプランを描いてみる
手続きは年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」を提出するだけ• 申し出ることで正当に利用できるものなので、上司や同僚の方と調整しながら活用していきましょう 年収の条件は、1月~12月の1年間の年収で下記となります