周知 の 通り。 周知の意味と使い方3パターン|ビジネス・敬語表現

「周知」は広い範囲で何かを知らせることや、広い範囲で知られている状態を意味することという特徴があり、これらはビジネスシーンで必要とされることが多いです。 したがって「周知いたします」は、「自分が多くの人に知らせます」という意味の敬語表現です。 なぜ使えないのかというと、「ご承知」は「聞く」の謙譲語「承る」が含まれていることで、へりくだったニュアンスを含む言葉となるからです。 「周知」は「周」と「知」で構成されていて、「周りに知られている」という意味でとらえることができます。 全く関係のない人に伝える時に「連絡」とは言いません。 下記のとおりは「記の下に述べてあるとおり」という意味であると説明しましたが、似ている意味をもつ「以下のとおり」とは「これより下に書いてあるとおり」という意味になります。 彼が退職するということは、事務所内では周知に事実だったようだ。 さて、ここで見過ごされているのが第3のポイントです。
21
お手洗いの変更場所を周知するステッカーが壁に貼られていた 私は、 ハイデガーは知っていますが、 クルーグマンは知りません
書いている当人がそこまで乱暴なことを考えていなくても、調子に乗って使いすぎると、読み手には微妙にイヤなかんじを与えることもある 聞き手は、今までそんなことを考えてみなかったので、貴方の初期の状態と同じように、ちっとも当たり前には聞こえないのです
例えば、メールなど書面などで「周知事項は以下の通りでございます」と書いた後に、知ってほしいこと、みんなが知るように広めて欲しいことを箇条書きにしたりすると、一目で知っておいて欲しい情報が何なのかわかります たいていの論文は、すでに知られていること、正しいと学会で前提されていることを確認してから、新しい知見をそこに付け加えるという仕方で語られる
例えば、「周知の事実」を類語の「公知」で言い換えると「公知の事実」となります また、「周知させる」と表現する場合、「就業規則の内容を周知させる」といった使い方になります
ビジネスシーンでは、敬語で会話をするのが一般的です 「周知のように」という便利な表現がある
来月をもって部長が退職されることは周囲の事実である もともと「周知」にはもれなく理解するという意味合いが含まれていますが、それをさらに強調させるのが「周知徹底」です
「承知」は 「事情などをよく知っている」 「依頼や要求などを受け入れる」 「事情などを理解して許す」という意味があります ・政権内部に不協和音があるのは周知の事実
また、広く知らせること ビジネスでは「下記のとおり」を使い分けることで、円滑かつ簡潔に、重要事項を相手に伝えることが可能になります
ガイドライン変更の件について、部署のメンバーへ周知願います 周知の事実 「周知の事実」とは「しゅうちのじじつ」と読み、「一般的に広く知られている情報」を意味しています
29 31