ハズ ビン ホテル 2 話。 私の大切な悪魔達 (ハズビンホテル)

モチーフはハエトリグモ。 物語はミュージカルから幕を開ける。 あらすじ このシリーズでは、地獄の姫、Charlieと、彼女が悪魔達を更生するホテルの開業に焦点を当てています。 James Monroe Iglehart. アラスターが虚空を握り潰すと同時に飛行船が赤い光を放って爆散する。 飛行船の内部ではマッドサイエンティストのサー・ペンシスが狂った哄笑を上げる。 中でもサー・ペンシスとチェリー・ボムはその最前線にいた。
33
Seth Atkinson - Alastorの歌声• チャーリーはインタビューが失敗に終わった事を報告し、「これからどうすればいいかわからない、私何してるんだろ」と弱音を零す 「楽しかったよイケメン君」 「このことは他言無用だ、誰彼構わずご奉仕してるなんて出回っちゃまずい」 「尻軽様の仰せのとおり」 「アンタ天才か?次また独創的な表現を閃いたら教えてくれよ、馬糞の詰まったズタ袋さん」 「アバズレが」 そう罵られてもどこ吹く風と澄まし顔のエンジェル・ダストは、男にキスをして見送る
このシリーズは、自分の王国の人口過密問題を円満に解決するために悪魔を更生させるという、一見途方もない目標を掲げるの王女、チャーリーを主軸に置いている 生前は著名なラジオ司会者にして、アメリカ南部で悪名高い大量殺人鬼だった
他の家族も地獄にいるが自分を虐待していた父親とは不仲 悪魔が心を入れ替えて昇天すれば地獄の土地が確保できるというのが狙いだ
最後に「愛してる」と伝えて電話を切ると、チャーリーのもとへ何者かが近付いてくる 頭部からは牡鹿の角に似た枝角が生えており、力の行使時は巨大化する
エンジェルダスト ハズビンホテル最初の客(=更生対象) どうしようもない奴だけど、領土争いの戦闘中に仲間をかばったり、落ち込むチャーリーを前に戸惑う表情を見せたりと、 ちょっと人間味があるのが可愛くてずるい
この飛行船は天才を自称する彼の発明品であり、サー・ペンシスは地獄征服を企んでいた 最近はストーリーを覚えてきたので、パイロット版で自動生成の英語字幕をつけて見るようになりました
彼女の父親はホテルの経営に反対しているらしく、「パパの言う通りになった」とチャーリーはしょげ返る 車がホテルの前に到着する
42