アタック 級 潜水艦。 豪の新型潜水艦、原子力潜に変更か

24
Each batch will differ from the one before as new technology and design features emerge. このように懸念や批判が多いにも関わらず、アタック級潜水艦1番艦は2023年にアデレードで建設が開始され、9年後の2032年に就役すると豪国防省は主張しているが、この計画の最も懸念されている点はコストではなく、調達に掛かる期間だ。 Anti-ship missile• 91—92• 「外国の海軍艦隊が来訪した場合、週末には必ず一般公開イベントが行なわれるのが通例です。 参考:ASPI raises mounting concerns about 00 future submarine costs 再びのそうりゅう型にがあたる性? 当初500億(約4兆3,000億円)だと言われていた次期「級」隻のが800億(約6兆円)まで上昇しているについてや軍のは何度も「まだ決定されていない」としてきたが、豪局(ANAO)がに発表したの中で次期「級」の遅れを指摘で上昇に対するは更に高まっている。 2018年12月に艦級名を アタック Attack 、1番艦名を HMAS Attackとすることが決定した。 このため、オーストラリア現地建造に積極的なドイツやフランスが有利になっているとの指摘がある。 Develop a modified MOTS design to better suit Australian service conditions• The submarines were enlarged and heavily modified versions of Swedish shipbuilder '. The submarines would likely be fitted with the United States combat system. Kelly, Joe 8 February 2015. 現行の設計では、フランスの原子力潜水艦「バラクーダ級」の動力を変更しディーゼルとする案が採用されている。 オーストラリア国内では、コリンズ級の開発は「失敗」とする意見もある。 Department of Defence 2 May 2009. Future submarine designs might use improvements in technology. 日本のそうりゅう型は、オーストラリア側の意向(大型かつ通常動力)に近いほか 、2014年4月1日にに代わりが制定され、潜水艦の輸出が可能となり間もなくの大型案件であることから、注目を浴びている。 Nicholson, Brendan 19 November 2014. 日本がそうりゅう型をオーストラリアに輸出する際には、オーストラリアの要求や予算に合わせて仕様を変更する可能性が高い。