鍵山 優 真。 鍵山優真中学高校!父母離婚で兄弟親権や脳出血後の親子鷹エピソード

それでは早速、試合を振り返っていきましょう。

コーチ:鍵山正和(父親)• 身長:158cm• フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループ-2回転トウループのコンビネーションジャンプで着氷が乱れたものの、単独の4回転トウループを加点3. 休憩がないので、体力も精神力も、全部がこれまでで一番キツいプログラムです。

61点を獲得。

では、すべてのジャンプを着氷させて12位となり、総合11位となった。

関東では毎年1位の成績を納めていました。

完璧な演技ではありませんでしたが、あの時の自分が出せる実力は全部出せたのかなと思います。

バランスを考えながら自分で管理してます。

27
バスケットボール [7月17日 10:33]• 父も言っていますが、締め方をちょっと変えれば4回転もすぐに回れると思うので、早く練習してみたいなと思います。 その演技にフィギュア大国ロシアの識者も熱い視線を送っていた。 父・正和さんはイケメンモテモテだったでしょうから、あっても不思議ではないですが。 76:• メダルが確定した時は、僕も父もお互い全力で喜びすぎて、気が付いたら勝手に飛び上がっていました(笑)。 87 2019-2020 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2020年3月2日-8日 () 1 85. フィギュア [7月11日 1:10]• 鍵山優真の母親は五輪代表&コーチの経歴も! 鍵山優真選手の父親である鍵山正和さんは過去にスケート選手として1994年リレハンメルオリンピックに出場した経歴を持っています。 母親はどんな人? 鍵山優真選手のお母さんについての情報は、残念ながら見当たりませんでした。
71
69:• 90点を獲得し、国際大会初優勝となった 身長:160㎝• 19点獲得に留まり6位スタートとなった
09点獲得で4位と、ショートプログラムから順位を上げた 中学生の時は、理科の実験とか体育とか実技が好きでした
その息子さんが、気がついたら「全日本」の表彰台に昇っているのですから… フリーのプログラムに4回転を3本を組み込み、最後の最後でトリプルアクセルを飛んでいた
続く単独のジャンプを規定のためジュニアの大会には組み込めなかった4回転トウループに変更して成功 、3回転ルッツ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させて演技をまとめ77. 父・正和コーチと初めての国際試合 「嬉しくて、ありがたかった」 五輪前年の世界選手権で2位という活躍、おめでとうございます この項目は、に関連した です
笑顔や仕草が可愛い• フリースケーティング3位となる136. 少し先に行けばそこはもう5回転ジャンプです 鍵山を指導する佐藤操も「滑走順が決まると『ああ、観られないのか』ってお互いすごく残念そうにしているんです
東京オリンピック2020 [6月28日 12:56]• 初のシニア主要国際大会代表となったでは、ショートプログラムでの4回転トウループを加点3. もしかすると今後のインタビューの中で母親に関するコメントが聞けるかも! 今後の鍵山優真さんに引き続き注目していきましょう そもそも難しいためやっている人が少なくて羽生選手くらいしかいない
もちろんここまで来たからには表彰台を狙おうと決めて練習してきたのですが、本当に叶うと思っていなかったので、びっくりのほうが強かったです 全日本選手権の成績により、シニア国際選手権()において初代表となる、の代表に決定した
64