い ぐろ おば ない イラスト。 伊黒小芭内(いぐろおばない)まとめ【イラスト・蛇の名前・技・誕生日】

ちなみに"水の呼吸"から派生した流派でもある。

彼女に関しては単なる仲間以上の感情を抱いているようで、文通以外にも蜜璃にニーハイソックスを贈ったり、柱稽古の際には炭治郎に対して「馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と牽制したり、無限城での戦いでは率先して蜜璃を雑魚鬼から守ったりしている。

それに気付いた蛇鬼が追いかけてきたが、当時の炎柱に間一髪で救出された。

「鏑丸」というオスの白蛇を首に這わせており、初登場が木の上。

甘露寺に恋心を抱く 恋柱の 甘露寺蜜璃には恋心を抱いており、文通をし合う仲。

鬼を倒し人に感謝されると、だんだんと自分を良く思えるようになった。

口調は甘露寺蜜璃曰く「ネチネチしている」らしい。

鬼を嫌うことの背景 鬼に想いを持つものですら嫌うようである。

誕生日は9月15日で星座は乙女座!伊黒は恋の呼吸を使用する恋柱・甘露寺 蜜璃 かんろじみつり に対して、一途な恋心を持っており、乙女座というのが何となく似合っている気がします(笑) 伊黒は鬼滅の刃のアニメ1期では登場シーンが少なかったですが、これから衝撃の過去が明らかになります。

身体能力 柱の中では 胡蝶しのぶに次いで2番目に力が弱い。

服装面では口元を常に包帯で覆っており、素顔を人前に見せることは無い。

女ばかり生まれる家で男が生まれたのは実に三百七十年ぶりだった(性別不明で、「女ではないか?」と言われた事がある)。

だけどそんな彼も、いつの日か唯一心を許せる女性と出会い恋をした。

この出来事から鬼に対して強い敵対心を持つようになり、鬼殺隊へ入隊し、鬼に気持ちを全てぶつけた。

過去 小芭内はとある一族の生まれだった。

ついにある日格子を削り壊し、脱出に成功。

3