カカロット。 『ドラゴンボールZ KAKAROT(カカロット)』新DLCでSSGSSに覚醒!

フリーザとの戦いで使用。

地球では数年間できる限り地球人との接触は避けていたが、迷子になっていたラムという女の子を助けたことでラムの父親に気に入られ、彼らの村に住むことになる。

効果はあり合体ザマスの左半身まで消滅させたが、咄嗟にマイを人質に取られ中断を余儀なくされた。

父親になりたての頃は息子の悟飯に対してやや甘く、親として未熟な部分が目立ったが、時が 経 ( た )つにつれ威厳を身に付け、指導者としての振る舞いも見せるようになっていった。

劇場版『最強への道』でも着用している。

声 - 悟空の親友の地球人。

付随する性能はバーストかめはめ波と同じ。

3人が同時に到着し、会場でバトルロイヤル形式で3人が戦うこととなるが、それぞれ3人の決め技で同時にリング落ちになったため、優勝は一応リングに上がっていたミスター・サタンのものとなる。

本作が初登場となるオリジナルキャラクター。

31
ベジータの手で全身の骨を砕かれ戦闘不能に追い込まれるが、悟飯、クリリン、ヤジロベーに助けられて命拾いする。 太陽光を反射して満月状態となった地球を見て黄金の大猿に変身するも、老界王神いわく「無理矢理尻尾を引っ張り出したせい」で理性を失い暴れまわっていたが、パンが持っていた昔の写真とパンの涙を見て理性を取り戻し、この形態へと変化した。 ゴッドかめはめ波 『ドラゴンボールヒーローズ』で超サイヤ人ゴッドSSの悟空が使用。 不死身の合体ザマスを倒すためにビルスの技を真似たものだが、ビルスに比べると全身が塵と化すまでに間がある。 パパイヤタウン 南の島々にある町。 の入手場所や入手方法についてまとめています。
22
マイによって現代に敗走させられた。 悟空は、西遊記?の主人公の猿?からきていますが、 実はサイヤ人名はカカロットといいます。 ちなみに、『』に登場する・に対しては「頭を打ったおかげでみたいにならなくて良かった」と述べている。 後に「全ちゃん」と呼ぶようになる。 また、ベジータだけが唯一その行き先に気付いていると語っており、「私の勝手な想像では、もしかしたらチチのところにだけは、たまにフラっと姿を見せに来ているかも知れない」とコメントしている。 劇場版での活躍 [ ] 劇場版第4作目『』では悟飯を助けるためガーリック城へと駆けつける。 本編では戦闘はせず、DLC「-TRUNKS- 希望の戦士」の特定のバトルでのみサポートキャラクターとなる。 身勝手の極意"極"の状態で使用する。 超サイヤ人ゴッドになって善戦するも、結局はビルスには敵わなかったが、ビルスが悟空や地球を気に入ったことで難を逃れた。