全日本 実業 団 ハーフ マラソン。 全日本実業団ハーフマラソン2021│結果速報,出場選手や大会詳細、記録のまとめ

順位 選手名 所属 タイム 1 パトリック マゼンゲ ワンブ NTT西日本 1:00:12 2 市田孝 旭化成 1:00:19 3 ベナード キマニ コモディイイダ 1:00:30 4 古賀淳紫 安川電機 1:01:13 5 野中優志 大阪ガス 1:01:14 6 細谷恭平 黒崎播磨 1:01:16 7 牟田祐樹 日立物流 1:01:17 8 永戸聖 日立物流 1:01:19 9 湯澤舜 SGHグループ 1:01:19 10 栃木渡 日立物流 1:01:21 11 アンティパス キベット SGHグループ 1:01:23 12 荻久保寛也 ヤクルト 1:01:28 13 松枝博輝 富士通 1:01:29 14 坂東剛 大阪ガス 1:01:32 15 大六野秀畝 旭化成 1:01:33 16 藤山悠斗 大阪府警 1:01:34 17 松村和樹 愛知製鋼 1:01:38 18 太田智樹 トヨタ自動車 1:01:39 19 ルンガル ジェームスギタヒ 中央発條 1:01:39 20 小山裕太 トーエネック 1:01:42 21 中村高洋 京セラ鹿児島 1:01:50 22 藤原滋記 SUBARU 1:01:51 23 早川翼 トヨタ自動車 1:01:52 24 髙久龍 ヤクルト 1:01:53 25 田村友佑 黒崎播磨 1:01:53 26 村山謙太 旭化成 1:01:58 27 坂本佳太 ひらまつ病院 1:02:00 28 土井大輔 黒崎播磨 1:02:00 29 鈴木大貴 YKK 1:02:07 30 小山直城 Honda 1:02:12 31 小野田勇次 トヨタ紡織 1:02:14 32 前田将太 日立物流 1:02:18 33 上坂優太 JFEスチール 1:02:18 34 吉元真司 黒崎播磨 1:02:19 35 寺西雅俊 マツダ 1:02:21 36 大池達也 トヨタ紡織 1:02:22 37 細森大輔 YKK 1:02:25 38 今西駿介 トヨタ自動車九州 1:02:27 39 村本一樹 住友電工 1:02:28 40 内田健太 埼玉医科大学G 1:02:29 41 大森澪 富士通 1:02:31 42 大畑和真 安川電機 1:02:31 43 吉田裕晟 三菱重工 1:02:32 44 髙畑祐樹 トーエネック 1:02:32 45 鈴木洋平 愛三工業 1:02:34 46 坂田昌駿 中央発條 1:02:37 47 改木悠真 トヨタ自動車九州 1:02:37 48 橋本龍一 プレス工業 1:02:37 49 川田裕也 埼玉医科大学G 1:02:38 50 大隅裕介 JR東日本 1:02:38 51 定方駿 マツダ 1:02:39 52 清谷匠 中国電力 1:02:40 53 堀合大輔 ヤクルト 1:02:40 54 岡野佑輝 八千代工業 1:02:41 55 エドワード ワウエル NTN 1:02:42 56 服部翔大 日立物流 1:02:43 57 田島光 コモディイイダ 1:02:43 58 辻村公佑 大阪ガス 1:02:46 59 辻野恭哉 NTN 1:02:46 60 石井優樹 NTT西日本 1:02:50 61 今井篤弥 トヨタ自動車九州 1:02:50 62 細川翔太郎 セキノ興産 1:02:52 63 目良隼人 三菱重工 1:02:55 64 中村信一郎 九電工 1:02:56 65 福島弘将 プレス工業 1:02:59 66 蜂須賀源 コニカミノルタ 1:03:00 67 エドウィン キプケモイ SGHグループ 1:03:03 68 藤江千紘 プレス工業 1:03:03 69 潰滝大記 富士通 1:03:04 70 吉野貴大 JR東日本 1:03:09 71 朝賀勇也 高田自衛隊 1:03:10 72 服部弾馬 トーエネック 1:03:12 73 高田康暉 住友電工 1:03:14 74 川元涼央 黒崎播磨 1:03:15 75 山口和也 中国電力 1:03:15 76 吉岡幸輝 中央発條 1:03:15 77 斉藤翔太 JFEスチール 1:03:17 78 加藤風磨 安川電機 1:03:19 79 坪内淳一 黒崎播磨 1:03:20 80 伊勢翔吾 コニカミノルタ 1:03:21 81 川内優輝 あいおいニッセイ同和 1:03:21 82 石川裕之 愛三工業 1:03:22 83 熊橋弘将 山陽特殊製鋼 1:03:23 84 東瑞基 愛三工業 1:03:23 85 小島大明 トヨタ紡織 1:03:24 86 中西玄気 愛三工業 1:03:26 87 櫻岡駿 NTN 1:03:36 88 中村優吾 黒崎播磨 1:03:38 89 永信明人 大阪府警 1:03:39 90 國行麗生 大塚製薬 1:03:40 91 住吉秀昭 SUBARU 1:03:40 92 吉野駆流 大阪府警 1:03:42 93 小町昌矢 日立物流 1:03:42 94 中村駿吾 黒崎播磨 1:03:43 95 大山憲明 コニカミノルタ 1:03:44 96 溝田槙悟 戸上電機製作所 1:03:45 97 難波皓平 小森コーポレーション 1:03:46 98 稲田翔威 コトブキヤ 1:03:46 99 源康介 大阪府警 1:03:48 100 蟹沢淳平 トヨタ紡織 1:03:48 101 川平浩之 JFEスチール 1:03:51 102 下史典 富士通 1:03:51 103 森川翔平 山陽特殊製鋼 1:03:53 104 千葉一慶 八千代工業 1:03:54 105 木津晶夫 カネボウ 1:03:54 106 橋爪孝安 SGHグループ 1:04:00 107 河合代二 トーエネック 1:04:02 108 竹内颯 中央発條 1:04:06 109 滝口諒 埼玉医科大学G 1:04:06 110 越川堅太 日立物流 1:04:08 111 江浪修平 ニッテツステンレス 1:04:10 112 小田部真也 黒崎播磨 1:04:10 113 林田洋翔 三菱重工 1:04:10 114 志水佑守 トヨタ自動車九州 1:04:16 115 甲斐翔太 西鉄 1:04:17 116 松宮隆行 愛知製鋼 1:04:18 117 口町亮 SUBARU 1:04:19 118 河村知樹 トヨタ紡織 1:04:20 119 太田黒卓 八千代工業 1:04:21 120 セルオド バトオチル NTN 1:04:23 121 桃澤大祐 サン工業 1:04:24 122 三上嵩斗 SGHグループ 1:04:27 123 伊原直斗 JFEスチール 1:04:39 124 田中佳祐 富士通 1:04:40 125 林竜之介 SGHグループ 1:04:41 126 齋藤諒 NDソフト 1:04:41 127 森宗渚 中国電力 1:04:44 128 田中孝貴 カネボウ 1:04:47 129 中島大就 中国電力 1:04:49 130 篠原義裕 西鉄 1:04:50 131 松本葵 大塚製薬 1:04:52 132 渡邊太陽 戸上電機製作所 1:04:54 133 矢嶋謙悟 中央発條 1:04:57 134 鴛海辰矢 西鉄 1:05:02 135 光武洋 NTソフト 1:05:03 136 北村宙夢 戸上電機製作所 1:05:09 137 山口弘晃 埼玉医科大学G 1:05:10 138 鈴木祐希 カネボウ 1:05:11 139 稲毛悠太 プレス工業 1:05:12 140 小山陽平 NTN 1:05:14 141 渡邉清紘 NDソフト 1:05:16 142 小針旭人 NDソフト 1:05:18 143 山田直弘 YKK 1:05:19 144 塩尻和也 富士通 1:05:25 145 米井翔也 JR東日本 1:05:25 146 村瀬佳樹 高田自衛隊 1:05:27 147 大橋真弥 石巻市役所 1:05:29 148 中舎優也 愛三工業 1:05:32 149 菊地海斗 サンベルクス 1:05:32 150 熊代拓也 山陽特殊製鋼 1:05:33 151 河田健太郎 黒崎播磨 1:05:36 152 安田共貴 九電工 1:05:41 153 的野遼大 三菱重工 1:05:45 154 江島崚太 三菱重工 1:05:47 155 朝倉和眞 中小機構 1:05:48 156 風岡永吉 JFEスチール 1:05:50 157 国川恭朗 SUBARU 1:05:53 158 大谷健太 JFEスチール 1:05:54 159 蛭田雄大 NTN 1:05:55 160 松岡直希 andrun 1:05:57 161 木村哲也 住友電工伊丹 1:05:58 162 福田兼士 コニカミノルタ 1:05:58 163 舟津彰馬 九電工 1:06:01 164 服部潤哉 トーエネック 1:06:03 165 瀬口啓太 住友電工伊丹 1:06:04 166 高橋流星 愛知製鋼 1:06:05 167 藤井祐希 トクヤマ 1:06:05 168 東島清純 中国電力 1:06:12 169 今西洸斗 JFEスチール 1:06:17 170 平敏治 戸上電機製作所 1:06:20 171 宮﨑勇将 JR東日本 1:06:21 172 山藤篤司 トヨタ自動車 1:06:22 173 的場亮太 小森コーポレーション 1:06:28 174 江本悟司 三菱自動車岡崎 1:06:28 175 石井秀昂 富士通 1:06:32 176 堀合修平 愛三工業 1:06:32 177 上土井雅大 JR東日本 1:06:37 178 松尾良一 旭化成 1:06:40 179 石田和也 西鉄 1:06:41 180 島田匠海 埼玉医科大学G 1:06:41 181 藤原直樹 山陽特殊製鋼 1:06:48 182 黒田雄紀 コモディイイダ 1:06:55 183 相沢悠斗 コニカミノルタ 1:06:57 184 紺野凌矢 警視庁 1:06:59 185 郡司陽大 小森コーポレーション 1:06:59 186 土久岡陽祐 JFEスチール 1:07:01 187 森田諒太 NTT西日本 1:07:08 188 岡原仁志 中電工 1:07:14 189 久本駿輔 GRlab 1:07:15 190 桜庭宏暢 セキノ興産 1:07:16 191 鮫島紋二郎 中電工 1:07:17 192 見川壮太 日本製鉄瀬戸内 1:07:21 193 友森敬一郎 東ソー 1:07:23 194 高山侑大 ニッテツステンレス 1:07:24 195 畑中大輝 中電工 1:07:26 196 須崎大輝 トーエネック 1:07:28 197 上田泰輔 三菱自動車岡崎 1:07:34 198 松田憲彦 警視庁 1:07:34 199 大谷康太 JFEスチール 1:07:35 200 有重和人 JR西日本 1:07:40 201 長谷川直輝 セキノ興産 1:07:42 202 原嶋渓 中央発條 1:07:44 203 藤井寛之 愛三工業 1:07:44 204 土居森諒 コモディイイダ 1:07:47 205 森井勇磨 ひらまつ病院 1:07:51 206 田中楓 NDソフト 1:07:54 207 平田治 NARA-Xアスリーツ 1:07:56 208 野上翔平 東ソー 1:07:57 209 岡純平 GRlab 1:07:57 210 小澤智宏 東京都庁 1:07:58 211 冨田 直樹 中央発條 1:08:02 212 菅 真大 愛三工業 1:08:15 213 藤平 義仁 YKK 1:08:17 214 西岡 喬介 中電工 1:08:20 215 沼田 大輝 NTN 1:08:21 216 高橋 正俊 岡山AC 1:08:25 217 浅山 樹璃 GS岡山 1:08:26 218 唐澤 研太 警視庁 1:08:40 219 澤井 玄 作. 日本を代表する男女のトップランナーがハーフマラソン日本一をかけて全国から集まる大会で、今年の注目の的は何と言っても前男子マラソン日本記録保持者の設楽悠太選手でしょう。

最近は私のことを、 「賄いさん」「お手伝いさん」もしくは「運転手さん」 と呼ぶようになりました。

75
市田選手が2秒差、キマニ選手が9秒差で続く マラソン日本記録保持者という事で今回の活躍も期待しています
ドーハ後は左脚の腸脛靱帯や大腿裏に痛みが出ることもあり、良い走りができていない ハーフマラソンは2回目ながら長い距離に対しての対応、レースでの対応力と十分すぎる力を見せてくれた
ラスト1kmで突き放すようなロングスパートの練習をすればいいだけです ハーフマラソン3分20秒で余裕を持って押していける力はあったはずです
しかし彼は気力を失いません 外部リンク [ ]• AC北海道 0:16:51 16:51 0:33:20 16:29 0:49:57 16:37 1:06:35 16:38 238 1:10:14 03:39 市川 創史 大阪長居AC 0:16:51 16:51 0:33:17 16:26 0:49:56 16:39 1:06:35 16:39 239 1:10:17 03:53 新田 雄大 中部連盟 0:16:02 16:02 0:32:38 16:36 0:49:10 16:32 1:06:24 17:14 240 1:10:23 03:53 島田 将志 マツダ 0:15:36 15:36 0:32:10 16:34 0:49:11 17:01 1:06:30 17:19 241 1:10:24 03:32 高橋 孝弘 作. 3位は第一生命グループの 原田選手
実況:(テレビ山口アナウンサー)• 試合結果. レース1ヶ月前、彼はウォーキングをしていました 大東和華子(テレビ山口アナウンサー) 中継出演者(2015年) [ ] 別記がない場合はTBSアナウンサー• その中で原田選手が3位に入ったのは個人としてもチームとしても大きかったのではないでしょうか
今は藤川が好調で、びわ湖で2時間6分台も期待できるという 15km:安藤選手、原田選手、森選手を先頭に49:56で通過
今シーズンは積極的に試合に出場しており、今大会も連戦のなかでの出場となる スタートしてしばらくすると村山謙太が飛び出し、集団がそれを追う形になりました
AC北海道から7名が出場致しました 脚注 [ ]• 実況:• 3km)でも区間7位と、徐々に実績を積み上げている
6km)で区間3位と好走した 12月の日本選手権10000mでマークした27分34秒86は日本歴代6位、マラソン選手としては日本人最速タイムである
中継出演者(2020年) [ ] 別記がない場合はTBSアナウンサー• その古賀に前回1秒差と迫ったのが鈴木大貴(YKK・26)だった 毎年2月に山口県山口市で開催されるこの大会に出場するのは、日本実業団陸上競技連合に加盟している各チームの選手たちで、上位3名の合計順位で競う「団体戦」であることも大きな特徴です
24

ハーフマラソンの最高記録が、公式サイトに載っているので今回の大会を観るときの参考にもなります。

伊藤のように10000mで五輪代表を狙う選手もいれば、今大会をマラソンにどう結びつけていくかを考えて走る選手もいる。

伊藤も今年5月の日本選手権の結果次第で代表に入ることができる。

今大会でもしっかりトップ争いに加わってくるでしょう。

日本人3位に入った 野中選手は途中でトップグループからは遅れるも、そこから粘りの走りをみせた。

70