たった 1 人 の 私 の 味方 ネタバレ。 「たった一人の私の味方」見終わりました。

24
フラワーショップを経営 キム・ミラン役:ナ・ヘミ• 家計が厳しい中、学生ローンを返しながらロースクール試験の準備をしていた
しかし、唯一ドランをかわいがっていたドンチョルが交通事故で亡くなり、さらに養母ソ・ヤンジャから実の子どもではないと家を追い出されてしまう 認知症・・・ 体験そのものの記憶がすっぽりと抜ける
ユイ 役:キム・ドラン ドンチョルとヤンジャの長女 ミランに出会うまで
認知症で道に迷いドランに助けられる 妻もショックで亡くなる
たった一人の私の味方 あらすじ 愛する妻が病に倒れ、高額の手術代を工面することになったヨンフン(スイル) それをきっかけにカン・スイルと名前を変え、教会の手伝いをしながら過ごすことに
母ヤンジャに差別されながら育った (^^;) とにかく、不快に感じる人の オンパレードだった これまでの散々な無礼・態度を忘れ 自分が困った時にだけ、何事もなかったかのように 手のひら返しで、人を利用する人たちで 私には、 超・超・大不快な脚本でした そもそもさーーーー、 認知症とか、移植の事とか・・・脚本家さん、ちゃんとリサーチしてる? ドラマだからって、そこまでいい加減な描かれ方で良いの??? あと、警察の件もさーーーーーー!!!! 証拠とか、動機とか、全部追及して見極めた上で犯人を捕まえるだろうに 無実の人を、そんな簡単に殺人者にするかぁ???? あり得なくない? 文句しか出てこない
側で笑顔を作るドランが愛おしくて仕方ありませんでした 刑務所に入ることになったヨンフンは、施設で一緒に育ち弟のように世話をしていたドンチョルにドランのことを頼む
他人の意見を尊重しない脚本、ギャーギャー怒鳴る演出に辟易 ドラマ「たった一人の私の味方」15話のあらすじ デリュクはドランに振り向いてもらうためにスイルに助けを求めるが、デリュクのことを信用できないスイルはきっぱりとそれを断る
父であるドンチョルが解雇されてから、家は一層傾いてしまう 彼女に振られた所を見られていたホテルのアルバイトだったのです