ロンドン ナショナル ギャラリー 展 公式。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー

西洋美術史にあまり詳しくない人、習ったことがあるけれど予習しておきたい人にはオススメです。

絵画ファンの皆さま、こんにちは! やっとです! 待ちに待った 「 」が開催されます 階段で0階 グランドフロア へ降ります
今回のロンドン・ナショナル・ギャラリー展には、ゲインズバラの風景画《水飲み場》も出展されています 「ロンドンで最も感動した場所は?」という質問によく名前の上がる人気観光スポットでもあります
ルネサンス以降、「イギリスとヨーロッパ大陸の交流」という視点から、西洋美術史、ヨーロッパ絵画史を読み解けるようになっています 残念ながらゴッホの「ひまわり」、フェルメールの「ヴァージナルの前に座る女」、レンブラントの「34歳の自画像」などのハイライト作品を貸出中です
パオロ・ウッチェロ「サン・ロマーノの戦い」 1450年 :Room 59 パオロ・ウッチェロは初期ルネサンスを代表するイタリア人画家の一人です 本展は、ルネサンスから後期印象派に至る同館所蔵の名品61点をご紹介します
チケットの購入がないので、列の進みは比較的早いです アングルから印象派を経てゴッホ、ゴーガンに至る流れを、イギリスの視点から紐解きます
30
ハンス・ホルバイン 子 「大使たち」 1533年 :Room 2 ホルバインはルネサンス期のドイツの画家です そんな《ひまわり》を間近に鑑賞できるなんて、夢のようです
9.アンドルーズ夫妻(Mr and Mrs Andrews)トマス・ゲインズバラ作 展示室35 この肖像画は1748年に結婚して間もないころのロバート・アンドルーズとその妻であるフランシス・メアリーを描いたものです 本作はその一つで、16世紀のフランドル絵画で流行した二重構図を取り入れ、手前に台所の二人の女性と、窓枠のむこうに聖書の場面を配しています
女神ヴィーナスがベッドに横たわる後ろ姿を描いています 整理券を配付する場合は、閉館30分前または当日ご入場いただける上限に達した場合に、配付を終了します(配布終了後はご入場いただけません)
このカフェのキャロット・ケーキは程よい甘さの上、くるみも入っているため香ばしさも楽しめます 新型コロナウイルスの影響により、開催が延期されていた「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」
斜めに突き出された槍や地面の芝生のかたちが空間の3次元的奥行きを強調しており、この画家の線遠近法に対する執着ぶりをよく伝えています ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ「ひまわり」 1888年 :Room 43 ゴッホの代名詞とも言えるひまわりの絵です
ちなみに、イギリス王家が所有する通称ロイヤル・コレクションは現在も私有財産です このように、宗教画に描かれている人物が誰で、どのような役割を持っているのかが分かると、絵を鑑賞するのが楽しくなりますね