オイスター バー。 目黒オイスターバー(MEGURO OYSTER BAR)|大庄グループ 大庄ホームページ

日本を含む世界各国から厳選した真牡蠣や旬の岩牡蠣など常時10種以上の生牡蠣を24個盛り合わせた圧巻の「24 OYSTER PLATTER (24個のオイスタープラッター)」と、アメリカンビーフの希少部位などを塊肉のまま炭火で焼く豪快な肉のグリル料理が2大看板メニュー。

店名 カナヤマオイスターバー 住所 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1丁目14番9号長谷川ビルB2F TEL 052-331-3507 FAX 052-331-3507 定休日 無休 営業時間 【平日】11:00〜15:00(LO 14:30)、17:00〜23:00(LO フード22:00/ドリンク22:30) 【金曜日・祝日前日(平日)】11:00〜15:00(LO 14:30)、17:00〜24:00(LO フード23:00/ドリンク23:30) 【土曜日】11:00〜24:00(LO フード23:00/ドリンク23:30) 【日曜日・祝日】11:00〜23:00(LO フード22:00/ドリンク22:30) アクセス 金山総合駅北口徒歩1分 メールアドレス kanayama tyu. 北海道や宮城、能登、広島、兵庫、福岡、長崎など日本各地から旬の真牡蠣や岩牡蠣を、また海外産の「クマモト」「シゴク」「ピュージェットサウンド」「カイパラオイスター」などのブランド牡蠣も含め、常時10種以上もの牡蠣を日替わりでラインアップします。 家族やお友達と、おいしい思い出を作ってくださいね。 新宿・代々木• ビーフは、王道「サーロイン」(180g~1,800円~)、超希少部位「ランプキャップ」(イチボ/180g~1,580円~)、人気で希少「アウトサイド」(ハラミ/180g~1,530円~)、さっぱり赤身「フラップミート」(カイノミ/180g~1,450円~)の厳選4種をご用意。 東京都すべて• 牡蠣に合う希少ワインが 満載です! ガンボ&オイスターバーでは、ワインの品揃えが自慢です。 下北沢・明大前・成城学園前• 伊豆諸島・小笠原諸島• Information. 】 肉好きをも満足させるもうひとつの看板メニューが、肉の旨さを最大限に引き出すことにこだわった肉のグリル料理。 一番おいしい状態で管理された窒素ワインサーバーからお好きなワインを自由に注げるスタイルです。 東京駅・丸の内・日本橋• 浜松町・田町• 中目黒・目黒・武蔵小山• 上野・浅草・日暮里• これらの絶品生牡蠣を一度に食べ比べして堪能できるお得な「OYSTER PLATTER(オイスタープラッター)」は必食。
50 45
オープンのチャコール・グリルを舞台に熟練のシェフが魅せる豊富な絶品肉の料理の数々も「目黒オイスターバー」ならではの魅力です 恵比寿・代官山• 表参道・原宿・青山• 練馬・江古田・田無• 人形町・門前仲町・葛西• 塊肉のまま豪快に炭火焼きにするアメリカンビーフの各部位のステーキと、スターター(お通し)としてご提供するニュージーランド産の貴重なスプリングラム(乳だけで育てた生後3~5ヵ月のラム)を使用したラムチョップグリル(1本/500円)は感動のクオリティです
大久保・高田馬場• 神田・秋葉原・水道橋• 生とは違う牡蠣の魅力を楽しめる焼牡蠣も豊富に揃えます icotto(イコット)は "心みちるたび" をコンセプトに、 女性が癒されリフレッシュできる旅の情報を集めたメディアです
そんな楽しみ方を可能にするのが豊富な牡蠣の品揃え 品川・五反田・大崎• 自由が丘• 大井町・大森・蒲田• 錦糸町・押上・新小岩• O22:00) 定休日:東京ミッドタウン日比谷に準ずる アクセス:東京メトロ日比谷線「日比谷」駅、千代田線「日比谷」駅、都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結銀座駅直結有楽町駅 徒歩 5 分 HP: まとめ 東京でおすすめのオイスターバー、いかがでしたか? カキ好きなら全国各地の食べ比べがしたくなるものですが、ご紹介した中には海外のカキが食べられるお店まであって、どこに行こうか迷ってしまいそう
【肉でも満足したい! 中でも圧巻の24個入(9,800円)がオススメです ニューヨークスタイル、フレンチスタイル、和風など焼くことで牡蠣の旨味を引き出した個性的な味付けの6種(各290円~)で、仲間同士での食べ比べも盛り上がること間違いなし
話題のテーマ• 調布・府中• 三軒茶屋・二子玉川• 町田・多摩• 大塚・巣鴨・駒込• 六本木・麻布十番・広尾• 中野・吉祥寺・三鷹• また、牡蠣フライは、ケイジャンスパイスで下味を付けアレンジした「NYフライドオイスター」(700円)としてご提供 銀座・有楽町• ガンボ&オイスターバーでいただく最高級の牡蠣とワインが自慢です
ジャンル. スパークリングワインも含み2,000円は高コスパ間違いありません 】 ドリンクメニューの注目は、ソムリエがワインを好きなだけ楽しんでほしいと常時50種のワインから日替わりで選ぶ9種の「オープンワインバー(フリーフロー2時間飲み放題)」