モバマス ss ヤンデレ。 P「まゆはポンコツヤンデレ」 : モバマス SS

で、今日お前は何やった?」 まゆ「凛ちゃんに包丁を向けて刺そうとしました. 」 みく「まゆちゃんにお世話になった子は多いと思うにゃ」 まゆ「そんなことはないと思いますけど. ゼッタイ。
二人で遊園地行って、食事しただけですよ」 ちひろ「デートじゃないですか……」ジトー P「だからそんな目で見ないでくださいって……とりあえず犯人の要求は果たしました。 輿水幸子• 」 幸子「2人っきりの世界に入らないでカワイイボクの話を聞いて下さいっ!」 ちひろ「Pさん、さっきの仕事どうなって. また『』でのイベントコミュ「あいくるしい」で演じたドラマ上の役割は「 愛を知らない少女」であり、当人も愛に関してはやや無頓着な面が見られた。 言うとおりにする……」 『うふふ、楽しみにしていま……じゃなくてちゃんと言うとおりにしてくださいねぇ? プロデューサー、今怒っているのはまゆの方な」 P「正座」 まゆ「はい」 P「. まゆと俺の愛が永遠になるように。 Pさん! そうやすやすとは……」 『写真。 」 みく「まゆちゃんって他の子達にも優しいにゃ」 まゆ「そうですか?」 みく「そうにゃ、実際幸子ちゃんの自慢話は付き合ってあげるし、智絵里ちゃんにはダンスの練習のアドバイス、みくにはハンバーグおすすめ店教えてくれたり. 2021-07-09 17:42:28• 」 P「プロデューサーはそんなもんだ」 P「まぁ、こっちも配慮するべきだったかもしれない。 そもそもヤンデレの演技でなくの演技であるので注意されたい。 由来はなどで提唱された から。 他にプロデューサーに対する執着心や独占欲が強いのが特徴で、『』第48話2コマ目で目のハイライトが消えている等の理由でや、公式のセリフからを立てる向きもある ただし、誰か1人と入れ換えるか、5人で「 ヤンデレ五奉行」などとするかについての議論はあまり活発ではない。 . 」プィ P「聞こうとするとこうするので諦めた」 みく「(直接聞かずに他の人に聞くとかすればいいのに. 」 まゆ「(私がご飯に誘ってもあんまり一緒に行ってくれないのに. )」 まゆ「(幸子ちゃんも私の赤い糸を邪魔するのね)」ハイライトオフ まゆ「(そんな幸子ちゃんにはお仕置きしなきゃ. しかしそれぞれのキャラクターは公式とも上記の解釈とも大きく異なった、アルトP独特の設定で構成されているので注意。 その際の台詞がやっぱり重い。 67 :WkjtsP3l0 カチャ P「もしもし……」 『もしもし!プロデューサーさんですか?写真は見てくれました?』 P「ああ……今度はいったい何を要求するつもりだ……?」 『あ、えーっと……どうしよう……んー……それじゃあ、わた島村卯月さんとお出かけしてあげてください!』 P「今度は卯月とか……お前の目的は何なんだ?」 『プロデューサーさんは黙って私の要求に従ってください。
46 :WkjtsP3l0 卯月「いいんですよ。 また全属性別トップ3が合流して新曲を発表するため、まゆと智絵里は楽曲「 」で3度目の共演を果たした。 しかしな」 P「殺そうとしてるまゆが死にそうになるから本当にやめてくれ!」 P「この前なんて. ばらまいてもいいんですかぁ?』 P「くっ……わかった。 」 みく「刺しちゃったほうがもっと問題だと思うにゃ」 P「正直刺す人が自滅して死にかけるのはどうやっても守れんのだ」 みく「まず刺そうと思った原因を探るべきだと思うけど」 まゆ「. 昔は少し脅かすようなことを言いましたけど」 P「他の子とのお話楽しいですかなんて聞かれちゃったしな」 まゆ「それはPさんがまゆとお話しているのに、他の子が話しかけてきたらその子と話始めたからじゃないですかぁ」 P「まゆの声結構怖かったぞ」 まゆ「それは少し嫉妬していましたから…でもまゆはヤンデレって思われたくないです。 50 :WkjtsP3l0 脅迫、ダメ。
7

結びに 『』は個性豊かなアイドルを集めて、トップアイドルに育てるである。

、って全然進んでないじゃないですか!今晩提出書類ですよ!?」 みく「. エリアでの初登場時の特訓前カードで見せたのような構えや、その諸々の言動が印象に残っている諸兄諸姉も多いのではなかろうか。

まゆ「でもまゆが恋にかまけて自分の仕事を疎かにしたことがありましたか?」 P「仕事を真面目にやっててもヤンデレはヤンデレでしょ」 まゆ「それにまゆは他の子に迷惑を掛けたことありませんよ。

ただし台詞が「ヤンデレ的」であるかという点については見解が分かれ、 こじつけ感が強いとの意見もある。

結婚指輪はもう買ってある。

2021-07-09 17:02:59• ただのせいで、は半ばヤバい状況に… LIVE Groove Dance burst第4回 『デレステ』にて開催された上記イベントにて、イベント楽曲「」を歌うユニットとして、オリジナルを歌うまゆと追加メンバーのゆかりが初共演。

2017年09月11日 月 00:02 改 2017年09月13日 水 23:25 改 2017年09月17日 日 01:34 2017年09月19日 火 00:04 改 2017年09月23日 土 15:28 2017年10月01日 日 23:30 2017年10月05日 木 01:35 改 2017年10月08日 日 21:03 2017年10月15日 日 14:52 2017年11月25日 土 12:13 2017年12月29日 金 01:30 2018年01月20日 土 02:20 2018年03月16日 金 01:33 2018年03月26日 月 20:57 2018年04月08日 日 16:22 2018年08月16日 木 17:23 2019年03月16日 土 00:28 2019年03月24日 日 02:11 改. キュート属性は元より、当ゲームの登場アイドル全体の中でも屈指の人気を誇る彼女であるが、初期のカードにおいてはプロデューサーに見捨てられることを強く恐れ、依存的な台詞も多く見られた。

」タッタッタ まゆ「あっ!」ツクエノカドドーン スッテンコロリン ホウチョウテンクウヘ まゆ「むぎゅ!?」スッテーン ホウチョウ、マユノメノマエニオチル まゆ「ヒャアアア!?」 P「ま、まゆぅぅぅううう!?」 P「幸子、お疲れ様」 幸子「ふふん!どうでしたか、僕のレッスンは?可愛すぎて目が離せなかったに違いありませんね!」 P「あーそっすねー」 幸子「なんですかその棒読みはー!」 P「冗談だ、可愛らしい幸子のダンスに魅了されっぱなしだったよ」 幸子「さ、最初からそういえばいいんですよ!当然です、この僕のダンスなんですから!」 まゆ「(私はそこまで褒められたことないのに. )」 P「ちゃんと刺そうとしてくれれば、俺の防衛術が出来るし、まゆも安全になる。