ビット ワールド 社長 ちゃん。 天才ビットくんの登場人物・キャラクター

変身の際、「いでよ」を「」、「池 行け 」を「」と言う等のギャグを言う チーム名のとおり、頭のネジが緩んでいるポンコツロボット
年度末の物語が意味深のまま終了 して、前年度の後日談が新年度初回に放送されることによる バケーキ 悪い心が宿り化け物になってしまった菓子
バグリン達にゆめれおんを操らせ、国中の人間に強制催眠を起こしていた 脱出ゲームの評判を聞き、プレイするため遠路はるばるセイコーたちの元を訪れる
2016年度からはタイトルが「ハッタリストリート」に改題され、ラップ調に1発ずつドでかいハッタリを紹介する(2回行う)がそれに巻き込まれた早く帰りたいメンのサトウが巨大化し、ラップ調でもっとドでかいハッタリを言ってラッパーごと吹っ飛ばし、最後はサトウが駄洒落を言って締める 音楽や花が大好きで、花をミオに渡したことがある
電池が切れると壊れる事もある 行き過ぎた砂漠オアシス化計画により、世界各地で異常気象が発生
わがままな性格で、「月に帰りたくない」と言って退屈するも、2018年3月2日の生放送でセイコー達の活躍によりビットキャッスルは月とドッキングし、大量のお団子やお土産を持たせたため、退屈せずに月に帰還できた 思春期たぬき ぽんぽこポコナ・ぽんぽこポコ太郎 ダジャワ原人 トレビアン兄弟 ねず ハッタリストリート BUMP! 「天才ビットくん」時代のレギュラーメンバー
実写パートで投稿されたお便りを「助けを求めるメッセージ」として紹介 必殺技は「ホンネビーム」
さとうくんに恋心を抱いている 自身が編集長になり、タカティンタイムズという雑誌を発行している
おばけが大の苦手で、ビッ校七不思議ナイトツアーや恐ろしの森へ行くのをひどく嫌がっていた ユイカ様 ビットネーム「乙女」が考えた元ビット芸人
「DAJA-HIGHWAY」からコーナーの冒頭に出演者の寸劇が入ることがある。 ヒロキと同じく、夢世界に入れる力を持っており、ミームのポンタを連れていて、ヒロキにミームに関することを教えた。 初期はロボットらしく高速移動をしたりしたが、現在は普通の女の子で特別な能力は発揮していない。 2021年度:メガ校の先生となる。 ずま - コーナー [ ] 各年度別コーナー一覧 [ ] コーナーは各年度ごと50音順 2007年度 チキチキ お宝ウォンテッド ビットバザールから こんにちは ビットモン・デュエル W. 物語 [ ] 7つのおいしいお宝編 [ ] 2007年度 ビットランドが生まれ変わった新世界「ビットワールド」へやって来たセイコー、リオ、ケメコ。 以降は登場しなくなったがビットミュージアムの過去の記憶などに登場する。 その健闘を称え、レクイエム『あいのうた』が作られた。 視聴者が考えた「道具の新しい使い方」をミラレタが披露するという内容に変更された。
66
わたしたちももっとアイデア送り隊 [ ] ビットワールドのレギュラー出演者(いとうせいこう、升野英知、金子貴俊、中田あすみ、小林亮太、ソーズビー)全員がビットワールドの他のコーナー(いずれも視聴者募集)の回答を考えて答えるコーナー(進行はいとうか升野) 思春期たぬき ぽんぽこポコナ・ぽんぽこポコ太郎 ダジャッカルズ ねず 呪いのワッキーさん ハッタリ学園! キューブハウスを元に、超能力で欠陥のあるビットタワーを建てる
体を透明にすることにより、姿を消す能力を持つ 2013年度:4月6日放送分ではカオと共に夢世界の修復作業を行っていた
友達であるのペリーをいつも腕に乗せている マンションに引っ越すという理由で捨てられた
2017年度:屋上露天風呂に客を取られ、ビット商店街に活気を取り戻すべく、マラカスを入荷した ファンファンとチャッピーに値するキャラで、ツッコミレモンの突っ込みを避けたり、逆に突っ込んだりと、ツッコミレモンにとってある意味、ファンファンとチャッピーよりも厄介な存在
コーナーの形式は「BWW 〜ビットワールドレスリング〜」に引き継がれる メグミ - シュン - ハルカ - 斉藤はるか カズヤ - サトミ - 三輪彩乃 2013年度 鈴木太郎 - ランたん:声 - マスーニョによって作られたエリアBおよびビットキャッスルの万能サポートロボ
お笑い狩り四天王 お笑い狩り軍の幹部 ドレスを身にまとい、女性口調で話すが、激昂した時のみ荒々しい男性口調になる