アズノール うがい 薬。 アズノールうがい液の使い方・市販薬はある?

炎症を抑える(それにより痛みや腫れを軽減させる)• うがい薬を買う時は自分が現在どのような状態で、どのような症状なのかをしっかりと相談した上で購入しましょう。

3
現役薬剤師Yu(ユー)です そのため、や咽頭炎など、口や喉の粘膜に炎症・傷ができているような状況で処方される「うがい薬」です
イソジン(ポピドンヨード)は殺菌作用を持つ消毒剤であり、口腔内に投与する事で口腔内の菌をやっつけて炎症を抑えてくれます そして侵入部位で異物を発見すると攻撃し、異物を排除します
上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください かぜをひいてOTCを買いに来たときは、すでに炎症が起きている場合が多いので アズノールをオススメした方がベターです
細菌・ウイルスなどの異物が体内に侵入してくると白血球のような免疫細胞がそれを感知し、侵入部位に向かいます 何日分使用できる? アズノールうがい液は1度に1回押し切り分(アズレンスルホン酸ナトリウムで4~6mg)使用します
炎症を抑える効果があり、 風邪などが原因でおこった喉の炎症の治療に用いられます その際、あまり短い時間の「うがい」では十分な効果が得られないため、およそ30秒以上行う必要があります2
69

その結果、アズレンの誘導体である「アズレンスルホン酸ナトリウム」が特に抗炎症作用に優れる物質として発見され、治療薬として用いられるようになったのです。

具体的には「カミツレ(カモミール)」というヨーロッパ原産のキク科の植物に含まれるアズレンという成分を元に開発されたお薬になります。

どちらも口腔内・咽頭部の炎症に対して効果が期待できるため、用途に合わせて使い分ける事が推奨されます。

まとめ• 一方でアズノールには殺菌作用はありません。

保管方法その他• 妊娠・授乳中の使用 妊娠、授乳中の場合、アズノールうがい液は安全に使用することができると考えられます。

子どもに使用する場合は、保護者の指導・監督のもとで使用するようにしましょう。

使い方 コップに100mlのお水かぬるま湯をいれます。

1回押し切るか、5〜7滴を垂らして、かきまぜたものでうがいをします。