和田 アキ子 コロナ。 大阪のコロナ感染拡大に和田アキ子が「大阪モデルと言ってたのに」…それでも吉村洋文知事は市中感染をごまかし自粛呼びかけを… 赤かぶ

先週に続き、新型コロナウイルスに関する特集が大部分を占めた同番組において、和田はコーナー冒頭から「先生、ものすごく忙しいでしょ?今」と問うと、北村教授は「そうですね。

しかし、それは国民に正しい情報を伝えたいという識者の使命感に委ねられているものでもあり、そのような状況で興味本位に『バブルじゃないですか?』とは、あまりにデリカシーに欠けたものといえるでしょう。

榊原:あはははは(笑) 和田:私はこういう仕事をしているから、時間が不規則だから。

』では、連日新規感染者が爆発的に増大している新型コロナウイルスに関する内容を放送。

誰もが不安や苛立ちを覚えるなか、和田はニュース番組で信じられない光景を目撃したと話す。

芸能界に長いからって特別、知識常識があるわけでもないのに語るのやめてほしい》 などと苦言が殺到している。

フワちゃんは、ブレイク後、たびたび『アッコにおまかせ! 1週間の話題をまとめたニュースVTRが終わると、出演者によるスタジオトークに移り、新型コロナウイルスの解説役として長野保健医療大学の北村義浩特任教授が登場。

26
まず、飲食店での感染拡大の話題が行われ、和田はフワちゃんに「フワちゃんはお酒飲めるの? 』に出演しているものの、和田とのトークはあまり弾けておらず、また和田もどうフワちゃんをイジればいいのかわかっておらず、常にズレていた印象は否めないだろう。 この日、番組では長野保健医療大学特任教授の北村義浩氏を招き、新型コロナウイルスなどについて特集していたが、コーナーの始め、和田は北村氏に対し、「先生、ものすごく忙しいでしょ? でも実際には、接客も丁寧でご飯もおいしい店で、何度も使わせてもらいました。 旦那は軽く言うの、「何でもいい」って。 普段は夫に感謝の気持ちがあると述べつつも、最近はストレスに感じることが度々あるという。 いや、そもそも吉村府知事のコロナ対応の象徴ともいえるこの「大阪モデル」こそ、吉村府知事が府民の健康と安全よりも自身の人気を優先させるために運用されてきた、作為的なシロモノにすぎない。 北村氏が「新しい情報が上がってきますので、勉強するのに忙しいですね」と答えると、「素敵なことおっしゃる」と感心していた和田だったが、さらに「いろんな方 専門家 テレビで拝見しますけど、失礼な言い方ですけど、先生方の間でバブルじゃないですか? 実際、「大阪モデル」は現在までに2回、基準が修正されており、じつは過去の「大阪モデル」に当てはめれば、26日時点ですでに「非常事態」となる「赤」が点灯しているのだ。 それでも大阪府の感染急拡大に伴って、12日には「黄色」が点灯し「警戒」段階となったが、旧基準と26日時点の状況を照らし合わせれば、現在は「赤色」、緊急事態を示すものとなっていたのだ。 現に、大阪府は吉村府知事による「大阪モデル」の修正に次ぐ修正で、危機に対応できるのか不安視されている。