パナソニック パンサーズ。 パナソニックパンサーズ

黒鷲旗でも決勝でにフルセットの末敗れ準優勝となり、山本の現役最後の大会も優勝で飾れなかった。

の全日本実業団選手権で全国デビュー。

2019年11月4日閲覧。

0 0 0 0 0 ファイナルラウンド パナソニックパンサーズ 1 4 0 0 0 - 0 0 0 - - 0 - 0 0 0 0 0 - 9 7 77. しかし、天皇杯は制覇したものの、V・プレミアリーグはファイナルでに敗れ準優勝となり、宇佐美と山本の現役最後のV・プレミアリーグを優勝で飾れなかった(宇佐美にとって現役最後の大会でもある)。

プレスリリース , Vリーグ機構, 2021年4月4日 , 2021年4月4日閲覧。

練習場はの(旧 松下電器体育館)であり、見学が一部可能である。

また、当シーズンより福井市と沖縄市が正式にサブホームタウンとなった。

30

2021年4月4日閲覧。

また、2019年に出場することとなり、優勝まであと一歩のところでイランの強豪に惜敗し準優勝。

4 0 0 0 0 レギュラーラウンド パナソニックパンサーズ 21 88 0 0 0 - 0 0 0 - - 0 - 0 0 0 0 0 - 358 264 73. 川村体制になってから4シーズン目にして待望の初タイトルだった。

『誰が出ても勝てるチーム』を目指す上で課題が残るシーズンとなった。

プレスリリース , パナソニックパンサーズ, 2018年3月20日 , 2020年7月26日閲覧。

当時は平岡哲男監督の下、、、らの各選手が活躍。

39

64年のオリンピックには森山輝久が出場。

2020年、川村の後任として監督のが新監督に就任。

2 0 0 0 0 ファイナルラウンド パナソニックパンサーズ 1 5 0 0 0 - 0 0 0 - - 0 - 0 0 0 0 0 - 24 18 75. 黒鷲旗でも優勝して2度目の3冠を達成した。

1 0 0 0 0 ファイナルラウンド パナソニックパンサーズ 1 4 0 0 0 - 0 0 0 - - 0 - 0 0 0 0 0 - 41 29 70. リーグ戦だけでなく天皇杯と黒鷲旗でも準優勝以下に留まりタイトルから遠ざかる。

そして、1年目となるV. 設立・沿革 年度 1951年 バレーボール部発足 1956年 全日本総合男子選手権大会(天皇杯) 優勝(初) 1960年 国内初の6人制バレーボール大会で優勝 1964年• しかし、チームはやや低迷し優勝から遠ざかる。

9