河村 たかし twitter。 [B!] 河村 たかし(本人) on Twitter: 新年お世話になります。ナゴヤが地を這う努力 「積極的疫学調査」 今日の河村たかし記者会見で しゃべっとります。文字だと大変。下記youtubeでどうぞ見てちょうだい。

今年度は1人10万円 1 子ども会の活性化 子ども会の加入者増につなげる施策の充実
何かと話題の河村たかし知事 選択的制度の導入に賛成
民主党愛知県連は、2009年(平成21年)4月27日に任期満了を迎える名古屋市長選(投開票)に、過去3回のような主要政党相乗り候補ではなく独自候補を擁立することを早くから目指し、名古屋市の山田哲郎教育次長に白羽の矢を立てていた 名古屋市長選には、民主党推薦で元犬山市長の衆院議員、元民主党員で2009年の市長選で民主党公認候補だった河村の対抗馬の細川昌彦支持して離党していた杉山均市議、共産党推薦の八田ひろ子元参院議員の3人が立候補を表明
ただ、河村の誕生には意義がある その後、議会がのめないように、公約にない議員報酬半減を打ち出してリコールをやった
また、小沢の所属していた民主党(当時)と対立していた5月にも小沢の無罪判決を受けて「良かった」とコメントしていた 河村は6月1日、整形外科医のに「大村知事が芸術祭の負担金の不払いで名古屋市を提訴した
神奈川県の知事は「議員は市長選と違う民意で選ばれており、『市長公約の反対者は非国民』と議会を否定したら二元代表制が成り立たない」と発言している 河村のかつての経営アドバイザーの1人であった政治学者の教授は、政策については役人に丸投げで、自らリーダーシップを取らず、行政の本質的問題に興味を示さない河村の姿勢に対して、「(減税を実施した後)減税をテコとした事業の精査のシステム構築や、地域委員会の実施、拡大のための体制整備などを重点とする方向で局面が転換するものと考えていたが、河村は、議員報酬と定数の半減を新たな争点に議会解散路線をさらに加速させた
2011年(平成23年)、愛知県知事選挙、名古屋市長選挙、名古屋市議会リコール住民投票がそれぞれ施行され、愛知県知事選挙では盟友の大村秀章が当選、名古屋市長選挙でも河村自ら2期目の再選を果たした 略 それに市議会リコールでは、市議の報酬が高いとか市議会が市民税減税を否決したとか、割とわかりやすいテーマだった
しかも彼は謝罪も何もしていない 一方の大村も「河村さんは政治家として資質に欠ける
86 51